ページの本文へ

Hitachi

日立インダストリアルプロダクツ

2019年8月29日
株式会社日立インダストリアルプロダクツ


「溶接」職種で銅メダルを獲得した吉田選手(右)と指導役の安倍コーチ

8月22日から27日までロシア連邦・カザンにて開催された「第45回技能五輪国際大会(45th WorldSkills Competition、主催:WorldSkills Kazan 2019)」において、「溶接」職種で日本代表として出場した当社の吉田 悠太(よしだ ゆうた)選手が銅メダルを獲得しました。

技能五輪国際大会は、22歳以下(一部職種を除く)の若者が技能を競うことにより、参加各国の職業訓練の振興や青年技能者の交流・親善を目的として1950年より開催されています。今大会には、60以上の国・地域から1,300名を越える選手が出場し、56種目で世界一の技術・技能を競いました。

当社は今後も日立グループの企業理念である「優れた自主技術・製品の開発を通じて社会に貢献する」を実現していくために、モノづくりを担う若手技能者育成と技能伝承を継続していきます。

以上