ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立インダストリアルプロダクツ無停電電源装置UPS

HIVERTER-MPイメージ

先進の技術。次世代型、高機能モジュールパラレルUPS

定格容量
<単相 8〜32kVA>
<三相 10〜40kVA>

特長

高効率・高機能UPS

省エネをコンセプトにした環境にやさしいUPSです。
給電信頼性の高い常時インバータ方式で高効率運転を実現しました。

省エネ設計

  • 信頼性の高い常時インバータ給電方式では業界トップクラスの高効率(三相UPS総合効率90%)を実現
  • 無駄な電力量料金とCO2を削減した環境に優しい設計

省エネ設計イメージ図

長寿命部品採用

  • 長寿命部品の採用でランニングコストを低減
  • コンデンサ・ヒューズは15年間交換不要

長寿命部品採用イメージ図

*1
ファン、バッテリーはオプションで10年対応可能
*2
期待寿命は温度条件により異なります

モジュールパラレル方式

UPSモジュールを最大4並列まで接続が可能。
冗長(N+1)構成とすることにより信頼性が格段にアップします。

モジュールパラレル方式イメージ図

液晶表示パネル

運転状態、計測データ、故障表示、故障履歴、部品交換時期、システム設定の情報などをグラフィックで判りやすく表示。
また、UPSの運転操作はタッチパネルで行います。(パスワードロック付)

液晶表示パネルイメージ図

HIVERTER-MPの設置条件・ご計画時の留意事項

設置条件・ご計画時の留意事項

導入計画時の条件の概要を下記に示します。詳細につきましては、別途ご照会してください。

電源容量

  • 所要入力電源容量は表-1を参照してください。
  • UPSの受電側に漏電遮断器を設置する場合は、UPS負荷側のコンピューターの漏れ電流も考慮して、漏電感度電流を100mA以上、高調波対応品としてください。図-1を参照してください。
表-1 所要入力電源容量/配線用遮断器容量/機器発熱量
  三相 単相
10kVA 20kVA 30kVA 40kVA 8kVA 16kVA 24kVA 32kVA
所要入力電源容量
(kVA)
10 20 30 40 10 20 30 200
UPS入力側
配線用遮断器容量
(A)
40 75 125 150 125 125 175 200
機器発熱量
(W)
900 1800 2700 3600 1250 2500 3750 4400

図-1 漏電電流回路

空調機設備

  • 機器の安定稼動及び機器寿命短命を防止するために空調機をご準備ください。機器発熱量は表-1を参照してください。推奨周囲温度は25℃です。
  • 空調機は復電時自動再起動タイプとしてください。

設置環境

機器を安定稼動させるため下記事項に留意してください。

  • ほこりの少ないところに設置してください。
  • オイルミストや腐食性ガスの無いところに設置してください。
  • 振動や衝撃のないところに設置してください。

保守スペース

  • 下記の保守スペースの確保をしてください。
    前面:1200mm ラック裏面:200mm

換気設備

火災予防条例で、バッテリーの換気が義務づけられています。屋外へ通ずる換気設備が必要です。
所要換気風量は表-2を参照してください。

表-2 バッテリー所要換気風量
  三相 単相
10kVA 20kVA 30kVA 40kVA 8kVA 16kVA 24kVA 32kVA
バッテリー所要換気風量
(m³/min)
0.2 0.3 0.5 0.6 0.2 0.3 0.5 0.6
*
換気風量は標準バッテリーの場合を示します。オプション品の場合は別途ご照会下さい。

蓄電池設備設置届出について

  • バッテリー容量が4800Ah・セル以上の構成(表-3参照)の場合は火災予防条例が適用されます。火災予防条例にしたがい、所轄消防署への蓄電池設備設置届出を行ってください。
  • 同一防火区画内に設置されたバッテリー容量の合算値が4800Ah・セル以上となった場合でも火災予防条例が適用されます。
  • 本UPSは、火災予防条例認定キュービクルになっています。
表-3 火災予防条例の適用構成
  三相 単相
適用品
(4800Ah・セル以上)
下記以外のバッテリー構成品 下記以外のバッテリー構成品
適用外
(4800Ah・セル未満)
10kVA 10kVA 標準品バッテリー(10分)
10kVA オプションバッテリー(20分)
20kVA 標準品バッテリー(10分)
8kVA 標準品バッテリー(12分)
8kVA オプションバッテリー(25分)
16kVA 標準品バッテリー(12分)

設置工事

  • 床の耐荷重を確認してください。
  • 床固定はアンカーボルトにて行います。
  • 必ず安定した場所に水平に設置してください。

配線工事について

  • ケーブル取り合い部は端子台になっております。端子部はラック裏面下部にあります。図-2を参照してください。
    端子部の位置は裏面上部への変更が可能です(オプション)。ケーブルサイズおよび端子サイズについては表-4を参照してください。
  • 接地線(D種、100Ω以下)は、他設備との干渉を防止するために、最寄の接地端子箱から専用線にて配線してください。

ケーブル取り合い部(ラック裏面下部)イメージ

表-4 端子サイズ及びケーブルサイズ
  接続端子サイズ 入力ケーブルサイズmm² 出力ケーブルサイズmm² 接地ケーブルサイズmm²
入力・出力 接地 標準 最大 標準 最大 標準 最大
三相 10kVA M8 M8 14 60 14 60 14 60
20kVA 14 60 14 60 22 60
30kVA 38 60 38 60 38 60
40kVA 38 60 38 60 38 60
単相 8kVA M8 M8 38 60 14 60 38 100
16kVA 38 60 22 60 38 100
24kVA M10 60 100 * 60 100 * 38 100
32kVA 60 * 100 * 60 * 100 * 38 100
*
単心ケーブルを使用してください。

製品カタログ(PDF形式)

取扱説明書

お問い合わせ

お問い合わはこちらから。

地球環境に配慮した
日立UPS

省エネルギー、CO2排出量の削減、ランニングコスト低減など地球環境の視点に立って取り組んでいます。