ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立インダストリアルプロダクツ無停電電源装置UPS

特長

日立UPS*は、1962年に初号機を納入して以来、社会、技術の変化に向き合い、モノづくりを進めています。
環境に優しいUPSとして2002年に発売開始したUNIPARAリーズに、日立独自の技術で軽量&省スペースを実現したHIVERTER-UPN471eが加わりました。

*
UPS(Uninterruptible Power System):無停電電源装置

両面冷却IGBTを搭載

放熱性に優れた日立独自の両面冷却IGBT*を搭載し、電力変換モジュールの小型化に寄与しています。

*
IGBT(Insulated Gate Bipolar Transistor ):絶縁ゲートバイポーラトランジスタ

電力変換モジュール

両面冷却IGBTと熱伝達に優れるヒートパイプを適用して、小型化、軽量化を実現しました。
HIVERTER-UPN471eシリーズは、電力変換モジュールを共通化しました。

オールインワン構成&軽量、コンパクト

日立のUNIPARAは、UPS本体に無瞬断バイパス回路、保守バイパス回路を内蔵したオールインワン構成です。しかも、軽量・コンパクトで、より一層お客さまの設置スペースを有効活用いただけます。
ケーブルの上取合い/下取合い両方対応可能です(標準は下取合いです)。
従来製品で必要だった上取合いにするための専用盤を追加する必要はありません。

ハイパワー出力

定格負荷力率

  • 交流入力・出力 定格電圧 200V時 遅れ0.95
  • 交流入力・出力 定格電圧 210V時 1.0

のハイパワー出力を実現。近年の高力率負荷に対しても、容量を低減することなく対応可能です。

低電圧での運転継続

軽負荷においては、低入力電圧時でも頻繁に蓄電池放電を繰り返すことなく、通常運転を継続することで、重要な電源のバックアップに備えます(仕様表の交流入力電圧許容範囲をご参照ください)。

簡単操作

液晶カラータッチパネルで、操作ガイダンス、計測情報、故障内容を表示し、日常の管理をしやすくしています。

製品カタログ(PDF形式)

取扱説明書

お問い合わせ

お問い合わはこちらから。

地球環境に配慮した
日立UPS

省エネルギー、CO2排出量の削減、ランニングコスト低減など地球環境の視点に立って取り組んでいます。