ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立インダストリアルプロダクツ無停電電源装置UPS

UPSを更新することで、経年劣化に起因する信頼性の低下を回復するだけではなく、機器の効率向上によるUPS消費電力の低減、UPS設置環境の空調設備の消費電力量低減などの省エネが期待できます。

新旧UPS製品の効率の比較
同一定格容量の古いUPSと比較して、現行のUPSでは、UPSの運転効率が向上しています。

新旧UPS製品の効率の比較

UPSの実際の稼働状態(負荷率)の例
下記に負荷類率の一例を示します。負荷率は30%以下が83%を占めて、20%が一番多くなっています。

UPS定格出力に対する実負荷の傾向

UPS更新の際に、負荷設備の電源容量に見合った、より小規模のUPSを選定することで、さらに、更新費用とランニングコストの低減の可能性があります。

同一容量で更新した場合の試算例

負荷容量に適した容量で更新した場合の試算例

簡単見積もり!

現在ご利用のUPS情報(機種、型式、負荷容量)をご連絡いただきましたら、
電気料金削減効果の試算と最適なUPSをご提案いたします。

こちらからお問い合わせください。

製品カタログ(PDF形式)

取扱説明書

お問い合わせ

お問い合わはこちらから。

地球環境に配慮した
日立UPS

省エネルギー、CO2排出量の削減、ランニングコスト低減など地球環境の視点に立って取り組んでいます。