ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立インダストリアルプロダクツ無停電電源装置UPS

UNIPARA mini 本体と運用に関わる点検・オーバーホール・日常監視・故障対応といった必要なもの全てを定額サービスとして、5年間契約で提供します。
短期リースにメンテナンス・保守を加えた、フルサービス月額プランです。

特長

1. 5年間の月額契約です

初期費用なしの月額料金制となります。
月額料金は蓄電池更新費用や点検費用も含まれていますので費用平準化となり予算手続きの負担軽減ができます。
5年間のみで終了しても解約金等はありません。

2. 最新モデルで省エネ

小容量UPS領域で業界初のフルSiC設計によりトップクラスの効率を実現
総合効率90.0%→93.5%へ向上しました。 (*1)
毎月の利用において以下の省エネメリットがあります。

*1
自社新旧モデル比較となります。
  10kVA 20kVA 30kVA 40kVA 50kVA
月額省エネ メリット 2,550円 5,100円 7,650円 10,200円 12,750円

メリット計算条件

  • 24時間365日連続定格運転
  • 電力料金単価:15円/kWh
  • 力率80%, 負荷率70%

3. 日常監視は日立がやります

UPS内蔵のCP-Transを介し、常時(*2)運転状態を監視します。
設備の稼動情報はインターネットに接続しない閉域網のセキュアなネットワークを利用してデータ収集します。

*
監視費用は日立キャピタルと日立製作所の直接契約により行なわれます。
*2
日立製作所の24時間監視センターによる異常監視となります。

4. 故障時の追加費用がありません

万が一の故障の場合でも修理費用はサービス料金に含まれています(*3)ので面倒な修理費用の個別契約は不要です。通常1年間の製品保証が期間中ずっと適用となります。

全国のサービスセンタにUPS専門技術者を常駐させ、緊急対応部品(デポ品)を使い早期に復旧をします。

*
障害復旧サービス費用は日立キャピタルと日立製作所の直接契約により行なわれます。
*3
詳細は障害復旧契約書によります。

5. 蓄電池容量が変更可能

5年間の運用データに基づき、6年目の契約開始時に最適蓄電池容量への見直しが可能です(*4)月額料金を下げることが出来ます。

*4
容量変更は6年目スタート時のみとなります。
また、11年目スタート時の再変更(容量アップ)はできません。

6. 月額料金はオフバランス(*5)

お客様の監査法人や公認会計士へご確認願います。
(IFRS(国際財務報告基準)へ移行していない場合、サービス料金はオフバランスとすることができます。)

*5
実施内容、適用条件などにつきましては別途詳細をご説明いたします。

製品カタログ(PDF形式)

取扱説明書

お問い合わせ

お問い合わはこちらから。

地球環境に配慮した
日立UPS

省エネルギー、CO2排出量の削減、ランニングコスト低減など地球環境の視点に立って取り組んでいます。