ページの本文へ

Hitachi

日立インダストリアルプロダクツ新卒採用

ドライブシステム分野

世界の産業を 動かす動力をつくる。

ドライブシステム分野の主力製品は、日立の創業製品である電動機(モータ)や発電機です。工場やプラントのポンプ、ファン、圧縮機、さらには新幹線をはじめとする鉄道など、あらゆる産業を動かす力として、世界中で活躍しています。日立地区では産業用や鉄道用をはじめとしたさまざまなモータや、風力発電機などの各種発電機の設計・開発・生産を、また東京地区ではこれらモータ、発電機の事業計画および営業支援のための技術検討を行い、時代とともに変化する顧客のニーズに応えながら、より高効率で環境にやさしい製品を供給しています。

ドライブシステム分野の主な製品

ドライブシステム分野の 主な製品

一般産業用モータ・車両用モータ

モータは、鉄道をはじめ、巨大なポンプやファン、工場設備機器など、あらゆる産業にとって欠かせない動力です。日立は1910年に国産初の5馬力誘導モータを開発して以来、時代をリードする数々の先進技術で、日本のモータの歴史を切り拓いてきました。
モータは産業の要所を担う製品として、高効率で信頼性の高い設計が求められ、開発項目は、温度、振動、騒音、新素材の採用など多岐に渡ります。当社は最新のシミュレーション技術も駆使しながらチームワークを結集し、世界に向けて付加価値の高い製品を供給しています。

  • 鉄道車両用主モータ

  • 産業用モータ

一般産業用発電機・風力発電用発電機

一般産業用発電機

世界のエネルギー利用が、石油などの化石燃料からクリーンな自然エネルギーへとシフトする中にあって、発電機は、電力の安定供給に欠かせないキープロダクトです。当社は容量の増大や高効率化など、市場の要求に応えながら磨いてきた技術力によって、グローバルなマーケットでも存在感を発揮し、人々の生活や産業活動に欠かせない電力を絶えず供給することで社会に貢献しています。当社はつねにさらなる進化をめざして、電気工学、振動工学、伝熱工学、流体力学、材料力学などの総合的な工学知識を集約した次世代の発電機の設計・開発に取り組んでいます。

自家発電設備

自家発電設備

世の中のあらゆる機器や設備がITによってコントロールされる時代に、安定した電源の確保は、人命や社会インフラに関わる重要課題です。とくに自然災害の影響は甚大で、不測の停電などの非常事態に備えて、当社の自家発電設備は、信頼性の高い電源供給装置として、社会のライフラインを支えています。また、非常用自家発電設備の他にも、工場・施設の省エネおよびCO2 削減を目的として、コージェネレーション発電システムなどの高効率の常用発電設備を提供しており、電気・機械・制御系、プロジェクト管理系のエンジニアが活躍しています。

超大型ダンプトラック駆動用発電機、モータ

ダンプトラック用発電機、モータ

鉱山で掘削される鉱石運搬用の300〜500トン級(車両総質量)の超大型ダンプトラックは制御性、高効率化のため電気駆動になっています。車体搭載のエンジンで発電した電力を使用し、インバータ制御モータによりダンプトラックを駆動します。当社はその発電機、モータを開発および製品化しています。

鉄鋼用交流可変速モータ

鉄鋼用交流可変速モータ

交流可変速モータは、パワーエレクトロニクスおよび制御技術の進歩・発展により性能が飛躍的に向上し、鉄鋼プラントへの適用も定着しています。交流可変速化による高応答化・高効率化・界磁制御範囲の拡大によって、生産性・品質の飛躍的な向上、省保守化、省エネルギー化などの成果が多くのプラントで達成されています。当社は圧延機駆動用としての豊富な経験と実績を基に、高度な解析技術と最新の生産設備、品質管理のもと、高性能・高品質・高信頼性の交流可変速モータを製作し供給しています。

採用について

RECRUITMENT

ENTRY
PAGE TOP