ページの本文へ

Hitachi

日立インダストリアルプロダクツ新卒採用

パワーエレクトロニクス分野

社会を動かす電気を操る。

社会を動かす 電気を操る。

パワーエレクトロニクスは、用途や設備に合わせて、電気を交流から直流、あるいは直流から交流へと変換するための技術です。当社は高品質なモータと、負荷に応じた適切な運転制御を行うインバータを組み合わせることで、工場やプラントなどの省エネ化や、発電所や鉄道といった社会インフラのCO2削減など、あらゆる産業分野に貢献しています。さらに、風力発電・太陽光発電などの新エネルギー向けインバータや、鉱山向け超大型ダンプトラックの電気駆動用のモータドライブインバータ、安定した電力を供給するための無停電電源装置(UPS:Uninterruptible Power System)など、高電圧・大電力を扱うもの、高度な制御技術を必要とするものを中心に、幅広い分野で最先端技術を活用した製品を供給し、持続可能な社会づくりを支えています。

パワーエレクトロニクス分野の主な製品

パワーエレクトロニクス 分野の主な製品

産業用高圧ダイレクトインバータ

大型ポンプやファンを動かす高圧モータを直接駆動する高圧ダイレクトインバータ。新素材・新工法の適用や、電磁界解析や熱流解析などの多岐にわたるシミュレーション技術を駆使した合理的な構造・装置構成によって、小型化・軽量化のニーズに応え、産業設備の制御性向上や省エネルギー化に貢献しています。

超大型ダンプトラック駆動用モータドライブインバータ

ダンプトラック用モータードライブインバータ

鉱山などで使用される大型ダンプトラックでは、省エネ・省力化を目的に、電気駆動化が進められています。当社はモータ・発電機とあわせて、高電圧大容量インバータを適用した制御性能が高い電気駆動ダンプトラックシステムを提供しています。基本的な走行に加えて、車体制御までを考えた高度なモータドライブ制御や、高温・低温・高地・高振動などの厳しい環境条件に適応させるためのインバータ装置の実装設計といった技術課題を克服しながら、さらなる大容量化、制御の高度化、新たな用途への適用などの開発を進めています。

新エネルギー発電用電力変換装置

太陽光電力変換装置

資源の乏しい日本では、太陽光発電システムや風力発電システムなどの再生可能エネルギーの導入を加速させており、当社は太陽光パネルの直流電力や風車の交流電力を送電するための装置(PCS:Power Conditioning System)を提供しています。環境条件によって発電量が変わる再生可能エネルギーを、いかに安定的に運用していくか、社内外の研究・開発組織との協業による技術開発や提案を行い、安定した電力供給とさらなる自然エネルギー活用を促進しています。

無停電電源装置(UPS)

無停電電源装置

UPSとは、万一の停電時でも、安定的に電力を供給するための電源設備です。高度に情報化された社会では、自然災害や万一の電源障害による停電は、社会システム全体の停止につながりかねません。UPSは、そのような事態に備えて、蓄電池やコンデンサなどに蓄えられたエネルギーによって途切れることなく電力を送り続け、一瞬たりとも停止することが許されない通信ネットワークや医療機器、金融システム、プラント監視設備などの重要機器を守っています。

鉄道変電システム用蓄電池式回生電力吸収装置(B-CHOP)

B-CHOP

電車が停止・減速するときのエネルギーを利用して生み出される回生電力を、鉄道の変電所に設置された蓄電池に一時的に貯蔵し、電車を走行させるための電力に再利用することで、運転時の総電力量を削減することができます。当社の蓄電池式回生電力吸収装置(B-CHOP)は、き電電圧や回生ブレーキ力の安定化や二次電池による余剰回生電力の吸収などで、車両の加速性能や停止位置精度の向上といった省エネルギーと安全運行を同時に実現しています。またB-CHOPは、搭載されたリチウムイオン電池に貯蔵された電力を利用し、大規模災害による広域停電などで駅間に停止した電車を最寄り駅まで自力走行させて緊急避難を行う、いわゆる「緊急走行」のニーズにも対応しています。

採用について

RECRUITMENT

ENTRY
PAGE TOP